特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-稲葉陽八段 第42局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

超持久戦続く

 図の局面で稲葉が長考に入った。

 「ここで[後]6四銀と出たかったのですが、はっきりとした見通しが立たずに断念しました。本譜の[後]4四歩は妥協した意味があります。しかし先手に石田流に組まれてしまったので、よくなかったかもしれません」と稲葉は振り返る。

 後手の角道が止まったのでさらなる持久戦模様の将棋になった。先手は石田流の好形に組み上げ、後手は4筋の位を取り高美濃へと発展させる。後手番の稲葉は両端の位を取り徹底的に「待ち」の姿勢。[後]9二香もその流れに沿った手だが「この手が必要だったかは微妙なところで[後]2四歩とすべきだったかもしれません」と稲葉は振り返る。後手は高美濃から銀冠へとさらに玉形を進化させ、先手は離れていた金銀を穴熊に寄せて固める。50手を超…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文852文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集