メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都おも城歩き

/20 笠置城 笠置町 難攻の崖と巨岩健在 /京都

幕府軍の奇襲に備えて置かれたとされる「ゆるぎ石」=京都府笠置町で、礒野健一撮影

 <京都おも城(しろ)歩き>

 鎌倉幕府滅亡やその後数十年にわたる動乱の時代を描いた軍記物語「太平記」の序盤の見せ場、「笠置の戦い」の舞台となったのが笠置町の笠置城だ。JR関西線笠置駅のすぐ東に位置する標高289メートルの笠置山に、後醍醐(ごだいご)天皇率いる約3000の兵が立て籠もり、取り囲む幕府軍約7万5000と、約1カ月間の攻防を繰り広げた。

 太平記に「笠置の城と申すは、山高うして一片の白雲峯を埋(うづ)み、谷深うして万仞(ばんじん)の青岩…

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1095文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです