メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不登校

悩める生徒へ、校内に居場所 社団法人、課題把握し登校支援 豊中 /大阪

 不登校の経験があり、教室に入れないなど悩みを持つ生徒らが気軽に立ち寄れる居場所を学校内に作る取り組みが、豊中市の高校で進められている。臨床心理士など民間のスタッフがゲームや何気ない会話から生徒の課題を把握し、教員と共有して支援することにより、中退を予防し、安定して登校できるよう支えている。【芝村侑美】

 若者や生活困窮者の自立を支援する一般社団法人「キャリアブリッジ」(豊中市)。就職できないなどの社会漂流や生活困窮のリスクなど課題がある生徒の早期把握や中退予防を目指して、居場所を設けている。きっかけは2011年、定時制高校に通うペルー人の男子高校生を支援したことだった。進路や就労を支援してつながりができた教諭から連携の提案を受けた。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです