神戸製鋼所

火力発電に反対意見が多数 芦屋で公聴会 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神戸製鋼所が神戸市灘区で進める130万キロワットの石炭火力発電所計画の環境影響評価に関する県主催の公聴会が3日、芦屋市で開かれた。意見を述べた13人のうち、12人が計画撤回や手続きのやり直しを求めるなど反対の態度を示した。

 計画は、既に140万キロワットの石炭火力発電所が稼働している神戸製鉄所内に増設する…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集