特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

竹内元監督と共に戦って 妻・美智子さん、聖陵ナインにエール /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「野球が大好きな人でした」と夫の思い出を語る竹内美智子さん=松山市久万ノ台で、中川祐一撮影 拡大
「野球が大好きな人でした」と夫の思い出を語る竹内美智子さん=松山市久万ノ台で、中川祐一撮影

 <センバツ2018>

 3月23日開幕の第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)への出場を決めた松山聖陵。出場を知らせる「春の便り」が届いた1月26日は竹内茂夫元監督の命日だった。

 「熱血漢」で知られ、南宇和、明徳義塾(高知)を甲子園に導いた。1992年に監督に就任すると、聖陵は93年秋に四国大会に初出場、99年春には初優勝を果たし、新たな歴史を刻んだ。だが、チームを甲子園に導くことはできなかった。高校野球の監督を退き、県内の中学野球チームで監督をしていた2012年、脳梗塞(こうそく)で亡くなった。68歳だった。

 松山市久万ノ台の自宅には、監督時代の自身の写真や教え子たちの写真が飾られている。妻の美智子さん(75)はそれらの写真を眺めながら、「聖陵を甲子園に連れて行けなかったことが心残りだったと思うので、きっと天国で喜んでいると思う」と目を細めた。そして「がんばって聖陵史上初の(甲子園での)1勝を挙げてほしい」と聖陵ナインにエールを送った。【中川祐一】

関連記事

あわせて読みたい