メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米政権

新小型核開発へ 非核攻撃、核で反撃も

ロシアとベラルーシの軍事演習で、猛烈な砲撃を行う軍用車=露北西部レニングラード州ルシスキーの演習場で2017年9月18日、杉尾直哉撮影

 【ワシントン会川晴之、モスクワ杉尾直哉】トランプ米政権は2日、今後5~10年の核戦略の指針となる「核態勢見直し(NPR)」を公表し、新型の小型核兵器と核巡航ミサイルを導入することを明らかにした。核兵器以外による攻撃に対して核兵器で反撃する可能性があることにも言及し、使用条件を事実上緩和。「核なき世界」を掲げたオバマ前政権の方針を転換し、核の役割を拡大する。

 NPRの策定はオバマ政権下の2010年4月以来。今回のNPRでは「前回の公表時と比べ、国際安全保障…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文659文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]