メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

平昌オリンピック 政治と祭典、矛盾直視を=京都大教授・中西寛

=小松雄介撮影

中西寛(ひろし)

 平昌冬季オリンピック・パラリンピックが間近に迫っている。ゲームが始まれば、人々はアスリートの活躍に胸を躍らせ、感動するだろう。

 しかし今回のオリンピックほど、オリンピックという仕組みが抱える矛盾を示している大会はかつてなかったと言ってよいだろう。国際オリンピック委員会(IOC)が定めた憲章では「スポーツと選手を政治的または商業的に不適切に利用することに反対する」と謳(うた)われている。しかし現実のオリンピックが政治やビジネスと持っている関係が適切とは言い難い。

 まずビジネスの面から見てみよう。1970年代には巨額の開催費用負担で行き詰まり、アメリカのデンバー…

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです