メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化対策新法

今国会、法案提出へ 被害軽減強化

 政府は今月、地球温暖化に伴う災害や産業への被害などの軽減策を強化する「気候変動適応法案」を今国会に提出する。自治体などに対し、温暖化の被害に備える基本計画(適応計画)の策定を促すため、国立環境研究所が温暖化の影響について情報を収集し、提供するよう規定する。法案は今春に成立する見通し。

 従来の地球温暖化対策は、温室効果ガスの排出削減など温暖化の予防策が中心だった。だが、すでに産業革命前から地球の平均気温は約1度上昇しており、局所的な豪雨や熱波、干ばつなどの異常気象による被害が世界で相次いでいる。2020年以降の温暖化対策を定めた国際枠組み「パリ協定」でも予防策と共に、被害を軽減する適応策の推進が位置付けられた。

 日本でも、農業や産業など各分野における温暖化の影響評価に基づいて被害軽減策をまとめた適応計画を15…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです