メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

勉強、手伝い「手帳」で習慣化

小学生たちの「子ども手帳」日々やるべきことを記入し、できたら赤ペンで消すだけだ=和田大典撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「勉強しなさい」と何度言っても聞かない子どもに、一冊の手帳を与えてみよう。やるべきことを記入し、できたら赤ペンで消すだけの「子ども手帳」を使い続けると、日々の勉強やお手伝いなどが習慣化されるという。

 ●消せたらポイント

 「プリント」「読書」「ふろそうじ」、そして何かの暗号?--。手帳の1日の予定欄に、ぎっしりと子どもの文字が書き込まれている。文字の上には赤い線。欄外に何かの計算式もある。これは子どもが自分のスケジュールを管理する子ども手帳。「自ら勉強するようになった」「進んでお手伝いするようになった」と、小学生の子を持つ親の間で話題になっている。

 使い方は、見開きで1週間、または1カ月の予定が書き込める手帳に(1)やるべきことを書く(2)終わったら赤で消す(3)消した分だけポイント精算する--だけ=表。ためたポイントは「1ポイント=1円」の小遣いに交換する。学校や学習塾のプリント学習、皿洗いやごみ出しといったお手伝いで1ポイント。テストで満点を取ったり、習い事のそろばんで昇級したりしたら、ボーナスポイントを与える。

この記事は有料記事です。

残り1899文字(全文2380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです