メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

勉強、手伝い「手帳」で習慣化

小学生たちの「子ども手帳」日々やるべきことを記入し、できたら赤ペンで消すだけだ=和田大典撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「勉強しなさい」と何度言っても聞かない子どもに、一冊の手帳を与えてみよう。やるべきことを記入し、できたら赤ペンで消すだけの「子ども手帳」を使い続けると、日々の勉強やお手伝いなどが習慣化されるという。

 ●消せたらポイント

 「プリント」「読書」「ふろそうじ」、そして何かの暗号?--。手帳の1日の予定欄に、ぎっしりと子どもの文字が書き込まれている。文字の上には赤い線。欄外に何かの計算式もある。これは子どもが自分のスケジュールを管理する子ども手帳。「自ら勉強するようになった」「進んでお手伝いするようになった」と、小学生の子を持つ親の間で話題になっている。

 使い方は、見開きで1週間、または1カ月の予定が書き込める手帳に(1)やるべきことを書く(2)終わっ…

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2380文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです