メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

鴻巣友季子・評 『おらおらでひとりいぐも』=若竹千佐子・著/『百年泥』=石井遊佳・著

 ◆『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子著(河出書房新社・1296円)

 ◆『百年泥』石井遊佳著(新潮社・1296円)

言葉とアイデンティティの齟齬めぐる物語

 第一五八回の芥川賞をダブル受賞した二作である。若竹氏、六十三歳、石井氏、五十四歳での受賞だ。かつて、綿矢りさと金原ひとみが最年少ダブル受賞で空前の話題を集めたが、今回は、最年長とは言えないまでも、かなりの“熟年コンビ”である。

 宮沢賢治の「永訣(えいけつ)の朝」からタイトルを引いた『おらおらでひとりいぐも』は、七十四歳の女性…

この記事は有料記事です。

残り1940文字(全文2181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 青森・八戸で女子児童が男に首切られる

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです