連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

仮想通貨を買ってみた 実体と仮想が交錯する経済の謎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=松尾貴史さん作
=松尾貴史さん作

 原始の時代、ある者は森林で木の枝から果物を採り、ある者は海で魚を捕り海藻を採って、ある者はイノシシやウサギ、シカなどを捕っていたのだろう。いつの頃からか、果物も魚もシカも食べたいと思うようになった。しかし、ひとりで海に出たり山に登ったり果物を探し歩いたりするのは、あまりにも効率が悪すぎる。彼らは知恵を絞って、物々交換という方法を採用し始める。

 しかし、果物1個と獣1頭では釣り合いが取れない。とれるタイミングも合わない。そこで、別のことにも使える「何か」を渡すということになったのだろうか。貨幣の起源はおそらくそういうものだったのではないかと想像する。

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1459文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集