ロケット見学場

4号機のリベンジ 1200人が歓声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
打ち上げとともに拍手をしたり、スマートフォンで写真撮影する見学者ら=鹿児島県肝付町の宮原ロケット見学場で2018年2月3日、林壮一郎撮影
打ち上げとともに拍手をしたり、スマートフォンで写真撮影する見学者ら=鹿児島県肝付町の宮原ロケット見学場で2018年2月3日、林壮一郎撮影

 3日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた世界最小クラスのロケット「SS520」5号機。射場から約3キロ離れた宮原ロケット見学場には約1200人が集まった。昨年1月の4号機打ち上げ失敗を受けて「4号機のリベンジを」と願いながら打ち上げを見守った。

 午後2時3分、ごう音と共に5号機が青空に吸い込まれると歓声が上が…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

ニュース特集