メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東武動物公園

文豪アニメと提携 ロッキー、白虎モデルに

イラストのモデルになったホワイトタイガーの雄ロッキー=東武動物公園提供

 埼玉県宮代町の東武動物公園は24日から、今春に劇場公開されるアニメ映画「文豪ストレイドッグス」(文スト)と提携したキャンペーンを展開する。文ストは文豪をモデルにしたキャラクターたちが活躍する作品で、劇中で中島敦が白虎に変身する設定になっており、ホワイトタイガーを飼育する同園との提携が実現した。

 文ストは、朝霧カフカさんが原作、春河35さんが漫画を担当し、漫画誌「ヤングエース」2013年1月号で連載が始まった。単行本はシリーズ累計500万部を超える。現代の横浜の街を舞台に、危険な依頼を専門に受ける「武装探偵社」に所属するキャラクターたちが武装集団などとの戦いを繰り広げる。各キャラクターが特殊能力「異能」を持ち、中島敦は…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文783文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです