愛媛

モザンビークとの深い友情 大統領来県から10年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛媛大での交流会に出席した当時のアルマンド・ゲブザ大統領(中)=松山市文京町のキャンパス内で2008年5月31日、後藤直義撮影
愛媛大での交流会に出席した当時のアルマンド・ゲブザ大統領(中)=松山市文京町のキャンパス内で2008年5月31日、後藤直義撮影

 アフリカ東部・モザンビークのアルマンド・ゲブザ大統領(当時)が2008年、海外の国家元首として初めて愛媛県内を公式訪問して今年で10年。同国の国立ルリオ大と愛媛大は09年に学術交流協定を結び、交流を深めている。愛大大学院で学んだルリオ大の教官は今秋以降に順次帰国し、帰国後のサポート継続も新たな課題となる。先月24日には愛大でシンポジウムが開かれ、地域に根ざした今後の交流を展望した。【松倉展人】

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1188文字)

あわせて読みたい

注目の特集