メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取

長期有償型インターンシップ 産学官が連携、全国初

 大学生や専門学生の企業インターンシップについて、鳥取県や県内大学、商工団体は2018年度から「長期有償型」を導入する。産学官が連携した同様のインターンシップは全国初。企業と雇用契約を結んで1カ月以上働くことで、学生らに就職後の姿を具体的にイメージしてもらい、県内就職を促す狙いがある。【小野まなみ】

 県就業支援課によると、17年3月に県内の大学や高専を卒業した学生の県内就職率は27.1%(前年29.1%)と低迷。県外進学後に就職した県内出身者でUターンした人も、41.8%にとどまった。

 県や県内大学、商工団体でつくる「県インターンシップ推進協議会」は14年度から、雇用契約を結ばない1週間程度のインターンシップを実施していた。今回、働くことへの実感をより持ちやすくし、意欲向上につなげてもらおうと「長期有償型」の導入を決めた。短期型よりも県内企業に関心を持つきっかけになるだけでなく、企業側も学生の柔軟なアイデアを取り入れたり、職場の活性化が期待できたりするメリットがある。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです