経産省

ベンチャー支援へ拠点 ものづくり企業対象に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ものづくりベンチャー支援拠点の仕組み
ものづくりベンチャー支援拠点の仕組み

 経済産業省が、「ものづくり」を手がけるベンチャー企業の製品試作を支援するネットワーク作りに乗り出す。製品のアイデアを持つベンチャー企業と、既存の町工場のものづくり技術を結びつける拠点「スタートアップファクトリー」を民間施設の中から選定し、2018年度から設備導入補助や人材育成支援を実施する。ベンチャー企業が、市販レベルの製品を試作する段階で事業に行き詰まる「量産化の壁」を解消するのが狙い。

 人工知能(AI)やロボットなどの技術革新が進む中、AIを搭載したスピーカー「AIスピーカー」などソフトと製品を一体化したビジネスが拡大している。こうした新たな技術のビジネス化には、柔軟な発想を持つベンチャー企業の役割が期待されている。

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文947文字)

あわせて読みたい

注目の特集