メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

節分

恵方巻き、酢飯代わりにうどん 香川で販売

天ぷらうどんの食感を楽しめる「うどん県巻」=さぬき市津田町鶴羽で2018年2月3日午前9時15分、小川和久撮影

 節分の3日、高松道の「津田の松原サービスエリア」(香川県さぬき市)で酢飯の代わりに讃岐うどんを使った恵方巻き「うどん県巻」と「肉うどん巻」が販売された。

     同エリアを運営する会社が、香川らしい恵方巻きを作ろうと企画。「うどん県巻」には定番のエビ天、「肉うどん巻」には甘辛く煮た牛肉を、うどんに重ねてのりで巻いた。

     いりこだしのジュレを挟んでおり、風味も讃岐うどんそのものだが、販売は節分の日限定。担当者は「1年後を楽しみに、家族円満に過ごしてもらえたら」。【小川和久】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
    3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
    5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです