メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厄よけ神事

節分に狐の嫁入り 三重・海山道稲荷神社

「狐の嫁入り道中」で誓いの握手を交わすキツネ姿の花嫁と花婿=三重県四日市市の海山道稲荷神社で2018年2月3日、兵藤公治撮影

 三重県四日市市の海山道稲荷神社(林一翁宮司)で3日、節分の厄よけ神事「狐(きつね)の嫁入り道中」があり、大勢の参拝者でにぎわった。

 白いキツネは神の使いとされる。花婿、花嫁役に選ばれた同市諏訪町の飲食店従業員、柳川智貴さん(23)と同市大池町の栄養士、黒江優紀さん(32)が、キツネの面をつけて参道…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  2. 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 秘密裏の法解釈変更許すのか 検察庁法巡り「周知必要ない」という政府の国会軽視

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです