メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

岩本公水/永井裕子=専門編集委員・川崎浩

岩本公水 元気だから悲しい歌

 大衆歌謡は「ヒットしてナンボ」「話題があってナンボ」という絶対価値が厳然として存在する。一方で「うまい歌が聴きたい」という客の絶対欲が存在するのも事実。この二つの価値を同時に持つ歌手は少ない。岩本公水は、後の「うまい」価値が大きい歌手である。「うまい」の説明はむつかしいが、「いつの間にか歌唱に引き込まれている」というタイプだろうか。「なぜか涙がにじんでしまう」詩文や「味は濃くないが、だから、もう一杯欲しくなる」お酒に似ている。

 最新作「雪の絶唱」(キング)は詞・いとう彩、曲・岡千秋の力のこもった情念演歌。岩本は「私、今元気な…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです