メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府大分毎日マラソン

3秒差、園田2位 トラック勝負屈す

 2020年東京五輪の代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権のかかる第67回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援、ピー・シー・エー、ソニー生命特別協賛)が4日、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートして別府市で折り返し、大分市営陸上競技場でフィニッシュする42・195キロのコースで開かれた。レースは競技場までもつれ、デスモンド・モクゴブ(南アフリカ)が2時間9分31秒で初優勝した。園田隼(黒崎播磨)が2時間9分34秒で2位に入り、MGC出場権を獲得した。3位には2時間10分12秒で大塚祥平(九電工)が入った。

 女子は吉冨博子(メモリード)が大会新記録の2時間33分0秒で2年ぶり2度目の優勝。視覚障害者の部は…

この記事は有料記事です。

残り1835文字(全文2174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 皇室 即位礼正殿の儀 天皇陛下のおことば

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです