メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマト運輸

和歌山電鉄と「貨客混載」 貴志川線で開始へ

配送用の自転車に乗り込むヤマト運輸の配達担当者(中央)とキャラクターのクロネコ(左)、和歌山電鉄のたま駅長代理=和歌山市伊太祈曽の和歌山電鉄貴志川線伊太祈曽駅で2018年2月5日、石川裕士撮影

 宅配大手・ヤマト運輸(東京都)と和歌山電鉄(和歌山市)は5日、宅配便を乗客とともに電車に乗せて運ぶ「貨客混載」事業を2月16日に貴志川線で始めると発表した。車が通りにくい住宅密集地でスムーズに宅配できるよう、荷物を最寄り駅まで電車で運び、そこから自転車で各戸を回る。

 両社によると、ヤマト運輸の配達担当者が貴志川線田中口駅(和歌山市太田)で宅配便を納めた専用ボックス(幅60センチ、奥行き80センチ、高さ約1メ…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです