メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国政府

五輪では使用許可せず 竹島記載の「統一旗」

 【ソウル米村耕一】韓国統一省は5日、平昌冬季五輪の南北合同チームや入場行進で使う朝鮮半島をあしらった「統一旗」について、国際オリンピック委員会(IOC)の規定に従い、五輪の行事や会場では島根県・竹島(韓国名・独島(トクト))を記載したものは使用せず、会場内での応援での使用も許可しないとの韓国政府の立場を明らかにした。

 4日夜に韓国・仁川(インチョン)で行われたアイスホッケー女子の南北合同チームとスウェーデンとの練習試合では、会場に竹島を記載した統一旗が掲げられていた。これについて統一省関係者は「IOCが主管するイベントではなく、大韓アイスホッケー協会主催だったため南北間の慣例に従った」と説明している。

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです