平昌五輪

「下町ボブスレー」ジャマイカ使用せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
来日して「下町ボブスレー」の前で笑顔を見せるジャマイカの選手とプロジェクト推進委員会のメンバーら=東京都大田区産業プラザで
来日して「下町ボブスレー」の前で笑顔を見せるジャマイカの選手とプロジェクト推進委員会のメンバーら=東京都大田区産業プラザで

 平昌冬季五輪に向け、東京都大田区の町工場が中心となって国産そりを開発する「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会は5日、そりを提供するジャマイカのボブスレー・スケルトン連盟から「平昌で下町ボブスレーを使わない」との連絡を受けたことを明らかにした。同国代表は女子2人乗りで出場する。

 推進委とジャマイカ連盟は2016年7月…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文395文字)

あわせて読みたい

注目の特集