メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン

身内の大げんかで発覚した非課税の「悪」

富岡八幡宮、日本相撲協会……

 東京・深川の「富岡八幡宮」は創設390年。皇室とも縁が深い「由緒ある神社」である。 ご存知だろう。その富岡八幡宮で、宮司の富岡長子さんが弟の元宮司の茂永(しげなが)容疑者に殺された。殺人犯の本人も、妻も命を絶った。凄惨な事件だった。

 世間を震え上がらせたのは事件から2日後、全国の神社関係者約1000人、氏子の関係先の飲食店や学校など約1800カ所に届いた「怨念の手紙」である。「約30年にわたる富岡家の内紛について、真相をお伝えします」という書き出しで始まる“弟の遺書”には「自分の息子を新たな宮司に迎えなければ、死後においてもこの世に残り、怨霊となり、たたり続ける」と書かれてあった。

 死んだ後も、姉弟は「怨霊バトル」を続けるというのか? 空恐ろしい。みんな、そばに寄り付かないので、…

この記事は有料記事です。

残り2154文字(全文2513文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです