メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

白石祐治・鳥取県江府町長

白石祐治氏

集落総合点検事業で始まる住民参画、協働のまちづくり

 全国で一番人口の少ない鳥取県の中で、最も人口の少ない市町村が江府町です。小さくても住んでいる人が誇りを持って、楽しく暮らせる町を目指そうと「3000人の楽しい町」をキャッチフレーズに小さい町だからこそできることを始めました。

 それは「集落総合点検事業」です。町内に存在する40の集落に、職員全員が15のチームに分かれて訪問し、集落の現状やありたい姿を語ってもらう取り組みで、昨年は総人口の約5分の1にあたる約600人の住民の方が参加され、200件以上の要望や提案が出てきました。すぐに対応できるものは速やかに対応し、時間のかかるものは、来年度以降の予算の中で検討するという流れをとっています。

 また、全集落を訪問した後、町民アンケート調査を実施しました。具体的には町が現在行っている施策の主な…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1247文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです