メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

北極海観測 砕氷船の建造へ予算案に計上

北極海観測の玄関口、ベーリング海峡(北緯65度、西経169度付近)を航行中の「みらい」から撮影したオーロラ=2016年16年8月、海洋研究開発機構提供

20年代前半完成目指す 環境変化の実態解明へ

 地球温暖化の影響が最も顕著とされ、年々、海氷面積が減少する北極海。北極の環境変化は地球環境に変動をもたらし、当然、日本の気象にも影響を与えている。だが、その実態は十分に解明されておらず、近年、各国が北極観測に力を入れ始めた。こうした中、文部科学省が求めていた砕氷機能を持つ「北極域研究船」の建造への経費が2018年度予算案に盛り込まれた。建造が実現すれば、北極専用の砕氷船は国内初で観測調査の飛躍的進展が期待される。

 来年度予算案での北極域研究船に関する計上額は8500万円。同省は当初、基本設計費3億1000万円の…

この記事は有料記事です。

残り2214文字(全文2495文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです