メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

軽自動車にあるのに高級車にない? リヤワイパーはどんなクルマに採用されるのか 

情報提供:カートップ

バックドアの立っているクルマはリヤガラスが汚れやすい

 リヤにもワイパーが付いているクルマがあることは、皆さんもご存じだろう。実際にはあまり使っていないかもしれないが、汚れたときなどは視界確保に便利な装備だ。

 今では軽自動車にも付いているのだが、付いてないクルマもあるし、そもそも昔は付いていなかった。付いていても高級装備のひとつだったりした。

 では現在、装備の有無はどこに基準があるのだろうか。まずは商品力のアップで、付いているほうが豪華になるので、ディーラーも売りやすくなる。その分コストが高くなるものの、今一度リヤワイパーを見てほしいのだが、じつはかなり簡素な作りになっているのだ。とくにブレードは樹脂製で、ゴムも一体化していたりするものも多い(つまりゴムだけ交換は不可)。もちろん安全性は向上するので、メーカーの良心として装着していることもある。

 そしてリヤガラスが汚れやすいクルマが増えているというのもあったりする。クーペのような流麗なスタイルで、空気がフロントからリヤまできれいに抜ければ汚れもリヤガラスに付きにくいのだが、最近はミニバンやハッチバックなどバックドアの角度が立っているので、空力的に巻き込まれて汚れが付着しやすいのだ。その解消のために、リヤワイパーが付けられているというのもある。

 ちなみに間欠のままずっと動きっぱなしのクルマを見かけるが、視界はそれほどすぐに悪くならいので、ある程度汚れが落ちたら止めるのが基本。動かしたままだとゴムの劣化も早くなって、交換が早まるので注意が必要だ。


情報提供:カートップ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米高校乱射 「モンスターと暮らしていたとは」寄宿先夫婦
  2. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
  3. 体罰 男性臨時職員、男児の頭を机に打ち付け 新潟・佐渡
  4. 厚労省 65歳以上も就労支援 生活困窮者に対応
  5. 強制不妊手術 慎重な家族を説得、翻意させ実施 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]