メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

平昌五輪直前、北朝鮮「軍創建記念日」なぜ変えた 消えた「抗日パルチザン」の絵 正恩流、歴史書き換えか

写真集「先軍で威容とどろかす朝鮮」[1]

「神話」より核・ミサイル

 北朝鮮が朝鮮人民軍の創建記念日(建軍節)を「4月25日」から「2月8日」に変えた。平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えての突然の変更である。その裏に何があったのか? ある絵を手がかりに真相を探っていくと、核・ミサイル開発に自信を深める金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の思惑が見えてきた。【鈴木琢磨】

 あの絵がない! 平壌(ピョンヤン)から届いたばかりの北朝鮮の歴史を紹介する写真集「先軍で威容とどろ…

この記事は有料記事です。

残り2487文字(全文2702文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. メロンまつり 蛇口からメロンジュース! 福井県産PR
  5. 社説 止まらない書店数の減少 このままでは寂しすぎる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]