メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

平昌五輪直前、北朝鮮「軍創建記念日」なぜ変えた 消えた「抗日パルチザン」の絵 正恩流、歴史書き換えか

写真集「先軍で威容とどろかす朝鮮」[1]

「神話」より核・ミサイル

 北朝鮮が朝鮮人民軍の創建記念日(建軍節)を「4月25日」から「2月8日」に変えた。平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えての突然の変更である。その裏に何があったのか? ある絵を手がかりに真相を探っていくと、核・ミサイル開発に自信を深める金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の思惑が見えてきた。【鈴木琢磨】

 あの絵がない! 平壌(ピョンヤン)から届いたばかりの北朝鮮の歴史を紹介する写真集「先軍で威容とどろ…

この記事は有料記事です。

残り2487文字(全文2702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです