メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・すたこら

ひそかな憧れ

 土木を学び始めて2年。東日本大震災に影響され、防災について学べるこの科を選んだ。常に新しい発見があり、興味は広がるばかり。だが、卒業後この分野の仕事をすることが想像できない。心の奥底にひそかな憧れがあるから。

 心がどうしようもなく苦しくて、誰か助けてと叫びたくなる時。救ってくれるのはいつも母だった。ひとしきり泣いた後は、母の昔の話を聞くのが定番。私が生まれる前は、病院で看護師をしていた。

 残される家族のためにチューリップを植え、春を迎えることなく旅立ったおじいさん。完治は難しいと思われ…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです