メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 たまに、政治家が舞い上がる。

 例えば……沖縄県で続発する米軍ヘリコプターの不時着が話題になった国会審議で、松本文明副内閣相(当時)が「それで何人が死んだんだ!」とヤジを飛ばした。

 人の命を何だと思っているのか? 過重な基地負担に苦しむ沖縄県民のことなど、すっかり忘れている。「何よりも日米同盟が最優先!」とでも言いたかったのか? 「北朝鮮」が絡むと、どこか「熱」に浮かされたように舞い上がる人がいる。

 河野太郎外相がカナダ・バンクーバーでの20カ国外相会合で「北朝鮮との断交」を訴えた時もびっくりした…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文893文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです