神戸アンパンマンこどもミュージアム

バイキンひみつ基地 思い切り遊べる作りと仕掛け 体験型新施設、来月16日開館 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新設される「バイキンひみつ基地」内部の予想図。ロボット「だだんだん」(中央)など、ばいきんまんが作ったメカがたくさん=(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
新設される「バイキンひみつ基地」内部の予想図。ロボット「だだんだん」(中央)など、ばいきんまんが作ったメカがたくさん=(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

 神戸ハーバーランド内にある「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」(神戸市中央区)に3月16日、ばいきんまんをテーマにした体験型の新施設「バイキンひみつ基地」がオープンする。いたずら好きなばいきんまんのキャラクターを生かし、体を使って思い切り遊べる作りと仕掛けが特長。4月にはオープン5周年を迎えるミュージアムを、主人公の宿命のライバルを前面に打ち出して盛り上げる。

 ミュージアムの別館と位置づけられるひみつ基地は約250平方メートル。現ミュージアムの向かいで「umieモザイク」の建物内にできる。「ばいきんまんの作ったメカがたくさん」という想定で、中に潜り込んで遊べるロボット「だだんだん」や「バイキンUFO」、ドキンちゃんがばいきんまんに作らせた設定の可愛い「ドキンちゃんのへや」などが備えられる。また、ふかふかの床でジャンプしたり、ネットを登ったり滑り降りたり…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文661文字)

あわせて読みたい

ニュース特集