メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展「うつわに隠された物語」

豊かな装飾120点 古墳時代の器、36年ぶり里帰りも 紀伊風土記の丘資料館 /和歌山

 県立紀伊風土記の丘資料館(和歌山市岩橋)で、形や装飾に特徴がある古墳時代の器を集めた冬期企画展「うつわに隠された物語」が開かれている。3月4日まで。【山成孝治】

 「装飾付須恵器の世界」という副題で、主に5~7世紀に作られた土器約120点を展示。「陶質土器」と呼ばれる朝鮮半島産の土器や、渡来系土器の影響を受けて豊かな装飾を施した日本列島産の須恵器を紹介している。主なものは、建物の屋根に液体の注ぎ口がついている不思議な形をした土器「家形はそう…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]