メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三浦保環境賞

ハッチョウトンボ生息地保全「庄内保存会」に大賞 /愛媛

庄内ハッチョウトンボ保存会の近藤茂孝顧問(前列右から3人目)ら受賞団体の代表者たち(前列)=松山市一番町3の松山全日空ホテルで、成松秋穂撮影

 環境保護活動を続ける県内の個人・団体を顕彰する「第14回三浦保環境賞」(実行委主催、あいテレビ共催)の表彰式が5日、松山市一番町3の松山全日空ホテルであった。県レッドデータブック指定の絶滅危惧種ハッチョウトンボの生息地保全に取り組む「庄内ハッチョウトンボ保存会」(西条市、日和佐直会長)に大賞が贈られた。

 ハッチョウトンボは体長2センチ程度の国内最小のトンボ。県内では西条市旦之上にある庄内地区の湿地だけ…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです