メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
一点張り・論説室から

仮想通貨に潜む破壊的な力=福本容子

 昨年6月、ロシアのプーチン大統領が23歳の青年と短時間、言葉を交わした。彼の名はビタリック・ブテリン。ビットコインに次ぐ規模の仮想通貨、イーサリアムを開発した人物だ。

 その後、プーチン大統領は、ロシアが発行する仮想通貨の研究を政府に指示する。「経済制裁をかわすことができる仮想通貨は、我々にとって好都合だ」。大統領の経済顧問はそう述べ、「仮想ルーブル」の発行に意欲をみせた。フィナンシャル・タイムズ紙が伝えている。

 ただし、事は単純ではない。権限を自らに集中させる独裁的発想と、取引の記録を多数のコンピューターで分…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文917文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです