韓国

五輪外交に期待 北朝鮮、金永南氏派遣 米は「圧力」維持

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
文在寅大統領の「五輪外交」
文在寅大統領の「五輪外交」

 【ソウル大貫智子、米村耕一】北朝鮮は、平昌(ピョンチャン)五輪が開幕する9日に金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長を韓国に派遣すると通知した。朝鮮労働党内序列2位で、対外的には国家元首の役割を果たす金氏の訪韓は、五輪を契機にした南北関係改善という文在寅(ムンジェイン)政権の狙い通りだとして、韓国政府は歓迎している。

 ただ、北朝鮮は8日に大規模な軍事パレードを準備しており、日米両国は北朝鮮の制裁圧力を弱める状況ではないとの立場。韓国側は、五輪による南北融和ムードを核・ミサイル問題解決に向けた米朝対話につなげたい意向だが、対話深化が実現するかは不透明だ。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文888文字)

あわせて読みたい

ニュース特集