特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 久保利明王将-稲葉陽八段 第42局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

動かざるを得ず

 「図の[先]3七桂以外の手だったら[後]6四歩と突こうと思っていたのですが。本譜の進行では自信が無いので、やはりここで[後]6四歩といくべきでした。それで難しかったと思います」と稲葉は振り返る。図から[後]6四歩には[先]4六歩[後]同歩[先]同銀[後]6五歩[先]4五歩[後]6六角[先]同角[後]同歩[先]同飛[後]6五歩[先]同飛[後]6四歩[先]6七飛という順が感想戦で並べられた。

 この変化に自信が持てなかったか、稲葉は[後]5三角と引いて矛先を変えた。久保は[先]3八金寄と自玉を固めて待つ。「ここですぐに[後]8六歩といきたかったのですが、[先]同歩[後]7四歩[先]6四歩[後]同角[先]6五桂で先手にさばかれてしまうと判断しました」という稲葉は[後]1二玉と米長玉にして手を渡す。駒組みが飽和状態に近く先手も動かす駒が難しい。「[先]2九金なら[後]3一銀~[後]2二銀と…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文934文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集