メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際高校生選抜書展

「書の甲子園」表彰式

団体の部で全国優勝し、表彰される大分県立大分南高の生徒たち=大阪市北区で2018年2月4日、平川義之撮影

 「書の甲子園」として知られる第26回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)の表彰式が4日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれた。19カ国・地域から1万5630点の応募があり、計2100点が入賞・入選した。出席者約500人から受賞者に大きな拍手が送られた。団体の部は大分県立…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです