メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

韓国政府、統一旗の竹島外す 合同チームや入場行進

 【ソウル米村耕一】韓国統一省は5日、平昌冬季五輪の南北合同チームや入場行進で使う朝鮮半島をあしらった「統一旗」について、国際オリンピック委員会(IOC)の規定に従い、五輪の行事や会場では島根県・竹島(韓国名・独島(ドクト))を記載したものは使用せず、会場内の応援での使用も許可しないとの韓国政府の立場を明らかにした。

 4日夜に韓国・仁川(インチョン)で行われたアイスホッケー女子の南北合同チームとスウェーデンとの練習試合では、会場に竹島を記載した統一旗が掲げられていた。これについて統一省関係者は「IOCが主管するイベントではなく、大韓アイスホッケー協会主催だったため南北間の慣例に従った」と説明している。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  4. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  5. ORICON NEWS 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』上演中止を発表 ヒロイン役オーディションも取り止め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです