メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の主役

平昌の金メダル候補/6 復活、再び頂点へ ショーン・ホワイト=スノーボードハーフパイプ男子・米国

 2006年のトリノ、10年のバンクーバーと五輪連覇を果たしたが、ソチ五輪は4位で表彰台を逃した。6歳で競技を始め、13歳でプロに転向して、08年から13年までトップライダーが集結するプロ大会の冬季Xゲームで6連覇を達成。俳優、ミュージシャンとしても活躍するスノーボード界のスーパースターは、雪辱を期して平昌に乗り込んでくる。

 代名詞となった縦2回転、横3回転半の「ダブルマックツイスト1260」など、新技を次々と編み出して世界を席巻してきた。ソチ五輪後はしばらく競技から離れたが、15~16年シーズンに本格復帰を果たした。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです