手話フォン

手話で安心、公衆電話 兵庫・明石

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
画面のオペレーターに手話で話しかけ、相手先とやり取りできる聴覚障害者向け公衆電話「手話フォン」=兵庫県明石市大明石町1のあかし市民広場で2018年2月5日、浜本年弘撮影
画面のオペレーターに手話で話しかけ、相手先とやり取りできる聴覚障害者向け公衆電話「手話フォン」=兵庫県明石市大明石町1のあかし市民広場で2018年2月5日、浜本年弘撮影

 画面のオペレーターを通じて手話で会話をする聴覚障害者向けの公衆電話ボックス「手話フォン」が5日、兵庫県明石市のJR明石駅前再開発ビル内に設置された。日本財団が羽田空港、筑波技術大(茨城県)に続き、西日本で初めて設置した。

 手話フォンは、日本財団が東日本大震災を機に聴覚障害者向けに始めたスマートフォンなどの端末向けの電話リレ…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

注目の特集