メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

シリア攻撃巡り言論統制を強める

 【エルサレム高橋宗男】トルコ内務省は5日、先月に隣国シリアへの攻撃を開始以降、「ソーシャルメディアでテロリストの宣伝を広めた」として449人、抗議活動に参加したとして124人を拘束したと公表した。クルド人勢力への攻撃を巡り言論統制を強めている。

     トルコ軍は先月20日にクルド人民兵組織・人民防衛隊(YPG)支配下のシリア北部の町アフリンへの攻撃を開始。トルコ国内の非合法組織・クルド労働者党(PKK)と連携するYPGをテロ組織とみなし、排除に乗り出した。

     トルコ当局は、シリアでの軍事作戦について反対したり、批判したり、事実をねじ曲げて伝えたりした場合は訴追すると繰り返し強調してきた。ロイター通信によるとカリン大統領報道官は「宣伝活動やメディアを通じてテロを称賛、支持することを禁ずる法がある」と強調している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 漫画喫茶殺人 凶行、流浪の果て 職に就けずいらだち
    2. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
    3. アメリカンフットボール 悪質タックル 関学選手らを脅す書き込み 警察が捜査
    4. ドリームキッズinおおさか フィギュアスケート選手 滝野莉子さん 五輪へ、氷上の舞磨く /大阪
    5. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]