終活

ルポ 25歳女性記者が「入棺体験」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
入棺体験でひつぎに横たわる記者(北山)=青森市の「アウガ」で2018年1月27日午前11時53分
入棺体験でひつぎに横たわる記者(北山)=青森市の「アウガ」で2018年1月27日午前11時53分

 人生の最後をどう生きるか。「終活」への関心が高まる近年、ひつぎに入って死を疑似体験することで、逆に自らの生を見つめ直そうという入棺体験イベントがひそかに人気だ。記者はまだ25歳。「終活」を具体的に考えたこともないが、青森県内でも同様のイベントが開催されると聞いて足を運び、真っ暗なひつぎの中で「人生の最期」に思いを巡らせてみた。【北山夏帆】

 1月27日、青森駅前ビル「アウガ」内の研修室。青森市民図書館が主催したイベントには、60代を中心に約50人の参加者が集まった。室内に並ぶひつぎ(縦約190センチ、幅約55センチ、高さ35センチ)は3基。外装は光沢のある白や緑、内側には白い布が敷かれている。参加者はこれに交代で入り、「死後の世界」を体験する。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1646文字)

あわせて読みたい

ニュース特集