メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活

ルポ 25歳女性記者が「入棺体験」

入棺体験でひつぎに横たわる記者(北山)=青森市の「アウガ」で2018年1月27日午前11時53分

 人生の最後をどう生きるか。「終活」への関心が高まる近年、ひつぎに入って死を疑似体験することで、逆に自らの生を見つめ直そうという入棺体験イベントがひそかに人気だ。記者はまだ25歳。「終活」を具体的に考えたこともないが、青森県内でも同様のイベントが開催されると聞いて足を運び、真っ暗なひつぎの中で「人生の最期」に思いを巡らせてみた。【北山夏帆】

 1月27日、青森駅前ビル「アウガ」内の研修室。青森市民図書館が主催したイベントには、60代を中心に…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1646文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです