メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活

ルポ 25歳女性記者が「入棺体験」

入棺体験でひつぎに横たわる記者(北山)=青森市の「アウガ」で2018年1月27日午前11時53分

 人生の最後をどう生きるか。「終活」への関心が高まる近年、ひつぎに入って死を疑似体験することで、逆に自らの生を見つめ直そうという入棺体験イベントがひそかに人気だ。記者はまだ25歳。「終活」を具体的に考えたこともないが、青森県内でも同様のイベントが開催されると聞いて足を運び、真っ暗なひつぎの中で「人生の最期」に思いを巡らせてみた。【北山夏帆】

 1月27日、青森駅前ビル「アウガ」内の研修室。青森市民図書館が主催したイベントには、60代を中心に約50人の参加者が集まった。室内に並ぶひつぎ(縦約190センチ、幅約55センチ、高さ35センチ)は3基。外装は光沢のある白や緑、内側には白い布が敷かれている。参加者はこれに交代で入り、「死後の世界」を体験する。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです