メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラインドサッカー

20年パラへ挑戦の一歩 日本代表

ワールドグランプリ2018に向けて意気込みを語った(左から)ブラインドサッカー日本代表の高田敏志監督、川村怜主将、日本障がい者サッカー連盟の北沢豪会長=東京都文京区の日本サッカー協会で2018年1月31日午前11時55分、大島祥平撮影

 視覚障害者らによるブラインドサッカーの国際公認大会「IBSAワールドグランプリ2018」が3月21日から25日まで東京都品川区の天王洲公園で開かれる。2020年東京パラリンピックに向けた日本代表強化と競技普及のために、国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)と協議を重ねて実現にこぎつけた。今回は3年連続で開かれる大会の1回目で、日本代表の川村怜主将は「アルゼンチンと決勝で当たれるように。チーム全体を戦う集団にしたい」と意気込んでいる。【大島祥平】

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  2. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  3. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  4. 新型コロナ 世界の死者数200万人超える 3カ月半で倍増 米は最多39万人

  5. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです