メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進

再結集路線、展望描けず 支持率低迷、友党とも距離

民進党2018年度定期大会でガンバロー三唱する国会議員ら=東京都千代田区で2018年2月4日午後2時28分、丸山博撮影

 民進党は4日、定期大会を東京都内のホテルで開き、「新しい党に移行することを目指す」とした2018年度活動方針案などを採択した。「友党」と位置付ける立憲民主党や希望の党との新党結成も念頭に、旧民進系の再結集路線を改めて打ち出したが、具体的な展望は描けていない。

 大塚耕平代表は党大会で「できる限り早期に、幅広い中間層から支持される中道的な新しい党への移行を目指す」と表明。その後の記者会見では「このままの名前では難しいと思っている方もいる」と述べ、党名変更も検討課題になるとの認識を示した。大会に先立つ党会合では増子輝彦幹事長がメーデー(5月1日)までに新党に移行したい考えを示した。

 昨年の衆院選直前の党分裂で所属国会議員は54人に激減。報道各社の世論調査でも支持率は低迷したままで…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです