メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

10年の化学、出題ミスか 予備校講師が指摘

 京都大の2010年の一般入試の化学について、駿台予備校の化学科講師、石川正明さん(68)が5日、「解答が選択肢から選べない」と毎日新聞など報道機関に指摘した。京大は「当時の関係者に聞き取りをして、検証すべきかどうかを判断したい」としているが、解答用紙などを保存しておらず、合否判定のやり直しはしない方針。

 石川さんが不備を指摘したのは、水溶液の性質を曲線で表した四つのグラフから一つを選び、その理由を記述させる問題。条件が十分に示されず、正解のグラフを選ぶことができないという。

 石川さんによると、駿台が10年春に出版した入試問題集では既に出題ミスを指摘。これまで京大に連絡はしていなかったが、昨年の物理の入試問題での出題ミスが今年になって明らかになったことを受け、5日に報道機関に情報提供した。【野口由紀】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
  5. 都営浅草線 6月30日から新型車両「5500形」運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]