メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自ヘリ墜落

当初は「予防着陸」…対応に追われる防衛省

 5日夕、佐賀県神埼市で、住宅街に陸自ヘリコプターが墜落した事故。東京・市ケ谷の防衛省では、陸上幕僚監部の広報室に記者が詰めかけ、幹部らは対応に追われた。小野寺五典防衛相は断続的に取材に応じ、険しい表情で被害状況を説明した。

     陸上幕僚監部に一報が入ったのは5日午後5時前。当初は、事故を避けるための「予防着陸」との情報だった。しかし広報室のテレビには機体が炎上して黒煙が上がる映像が流れ、説明を求める質問が記者から相次いだ。

     小野寺氏は同5時半ごろ、記者団に「着陸、炎上が確認された」と述べ、総理や官房長官に報告した後には「墜落」と明言。省内では、乗員の安否や事故の状況を把握しようと、幹部らが情報収集に追われた。【内橋寿明】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    2. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
    3. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    4. 福岡4人水死 「離岸流」原因か
    5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです