東京五輪

ビーチバレーとバドミントン 「女子会」対談

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

米元、田中組×溝江、橋本組

 2020年東京五輪の出場を目指すビーチバレーとバドミントンの女子のペア同士が対談して「女子会」のような和やかな雰囲気となった。集まったのはバドミントンの女子ダブルスで昨年12月、世界のトップが集うスーパーシリーズ・ファイナルを制した米元小春(27)、田中志穂(25)組=北都銀行=と、ビーチバレーボール女子の長身ペアで日本協会の強化指定を受ける溝江明香(27)、橋本涼加(24)組=トヨタ自動車。ペア間の関係作りや会話での工夫など力を合わせる種目ならではの話で盛り上がった。

 両ペアとも、遠征などが続くため、一緒に過ごす時間が長い。練習以外では、米元、田中組は買い物の話、溝江、橋本組は得意料理や好きな本の話をする。競技以外のことを話すことで、気分転換を図っているという。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文653文字)

あわせて読みたい

ニュース特集