メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

杉本七段、愛弟子との対局へ「勝てないと思われるのもしゃく」(スポニチ)

藤井五段、師匠・杉本七段と師弟対決へ

 杉本は、6日の自らの対局を控え、研究会出席も兼ねて関西将棋会館を訪問し、愛弟子の対局を見守った。大逆転勝利を「ずいぶん辛抱した。あれをひっくり返すのはさすが」と称賛した。

     これでプロとして師弟対決がついに実現することになったが「思っていたより早かった。師匠の私からしたら喜びです」と笑顔。過去の対戦成績は、藤井が小学生時代に弟子入りしてから一昨年10月にプロになるまでで、約100戦のうち杉本の勝率が2割ほどといい、「世間的に勝てないと思われるのもしゃくなんで…いい将棋を指したいと思う」と力を込めた。

     ◆杉本 昌隆(すぎもと・まさたか)七段 1968年(昭43)11月13日、名古屋市出身の49歳。80年、6級で故板谷進九段に入門。90年四段。2006年七段。02年、朝日杯オープン戦で準優勝。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. デジタルアート 異次元の世界を散策 お台場に専門美術館
    3. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    4. つくば市 ロボットで職員作業8割減 9月にも本格導入
    5. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]