メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

麻生祐未 「特命刑事 カクホの女」三浦亜矢役 憧れの刑事役

麻生祐未さん

麻生祐未 「特命刑事 カクホの女」三浦亜矢役(テレビ東京系=金曜午後8時)

 名取裕子との共演は、保険犯罪調査員の相棒役だった「マルホの女」(2014年4~6月)以来。前作は名取を振り回すマイペースな役を演じたが、今回は逆に、名取演じるマイペースな刑事、百合子に振り回される。「前回、オーラや華やかさのある大女優と掛け合いができ、ありがたかったし面白かった。もう一度共演できると聞いて単純にうれしかった。嫌われていなかったんだなと」。話の中で時折明るくおどけてみせるのが、何とも魅力的だ。

 前作は2人を中心に保険の調査が進む展開のため、プレッシャーが強かった。今回は、神奈川県警捜査1課の刑事を指揮し、グループで捜査に当たる。名取と初共演した時のリズム感もよみがえり、楽しく撮影に臨んでいる。名取は、警視庁の人事畑からなぜか県境まで越えて畑違いの部署に異動してきた役柄で、2人は毎回衝突する。「名取さんをぞんざいに扱う役はちょっとやりづらいところはあるんですが、台本に書いてあるので仕方な…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです