メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

ジョン・ウーと福山雅治 アクションで固い絆 オール日本ロケ「マンハント」

ジョン・ウー(左)と福山雅治=小出洋平撮影

 中国で1979年、「追捕」のタイトルで観客動員8億人を超す大ヒットを記録した邦画「君よ憤怒の河を渉れ」の原作小説を、世界的に活躍するジョン・ウー監督が映画化した「マンハント」が9日から全国公開される。ウー監督は「原作の筋書きは残しつつ、人物の設定をアレンジし、舞台を現代に移した」と語る。

 「君よ憤怒の--」では、北海道の山や川が多くの舞台となったが、今作では、大阪の市街地などを中心にオール日本ロケで撮影。「身近な場所でもこういうショッキングな出来事は起こり得ると伝えたかった」とウー監督は話す。

 覚えのない殺人の容疑をかけられて逃亡者となる弁護士を中国のチャン・ハンユーが演じ、彼を追う日本人刑…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです